敏感肌ってどういう状態?

最近、敏感肌の方が増えているとよく耳にしますが、正確にはどういう状態をさすのでしょうか。
なにやらやっかいそうな敏感肌ですが、
どういうものなのか、どうしてそうなるのかなどがわかっていると、
その対策もしやすいですし、敏感肌用のコスメの選択もより容易になると思います。

敏感肌とは、外部からの細菌や刺激、それも普通なら問題ないような些細なものにも過敏に反応して、
トラブルを起しやすい肌をさします。
肌には、バリア機能といって、外部からの刺激や問題となる細菌などを防ぐ機能が備わっています。
しかし、何らかの原因でその機能が損なわれると、肌はそれらを防御しきれません。

結果、痒み、カサカサ肌、かぶれ、発疹、ニキビ、ひりひりした痛み、肌の赤味などの症状を引き起こします。

原因の特定は難しいで、きっかけも様々です。
なんらかのアレルギー体質をもつ人が、ハウスダスト、花粉などによって引き起こされるアレルギー性敏感肌、
そして、化粧品やその使い方などによる後天的敏感肌などが挙げられます。
後天的敏感肌の中には、間違ったスキンケアで敏感肌を引き起こされる方も多く見受けられます。

敏感肌対策には、敏感肌を引き起こした原因の物質を取り除き、原因行動を改めることが第一ですが、
体の外側だけでなく、内側からも体を整えることが大切です。

乾燥性敏感肌

人間の肌には、バリア機能と呼ばれる防御機能があります。
敏感肌とは、そのバリア機能が弱まっている状態です。

バリア機能が弱まると、肌の水分を適正に保持することが困難になり、
乾燥を招きます。

乾燥性敏感肌という言葉でも呼ばれています。
乾燥性敏感肌というのは、細胞間脂質の主要成分であるセラミドやNMF(天然保湿因子)が減少している状態といえます。

乾燥性敏感肌の主な原因は、角質層にあるセラミドの減少です。
セラミドには角質の水分を保つ働きがあり、肌の保湿を担っています。
そのセラミドが減少してしまうと、肌の乾燥を招くことになります。

セラミドは主に加齢が原因で減少していきますが、
それだけではなく、生活習慣や間違ったスキンケア、環境やストレスなど様々な要因で減少することがあります。
特に、洗顔は注意が必要です。

洗顔料に含まれている成分や洗顔の仕方でもセラミドは損なわれることがあります。

セラミドはターンオーバーで生成されますので、
睡眠の質の向上や生活習慣の改善などでターンオーバーを正常化させることが大切です。
スキンケアでは、セラミド美容液、セラミド化粧品でセラミドを補ってあげることも
健やかな肌のためには必要です。

乾燥性敏感肌とセラミド美容液について書かれたサイトで効果のあるセラミド化粧品について知ることができます。